エンジンオイル ///新庄店より///

こんにちは、新庄店小林です。

今回はエンジンオイルについて語りたいと思います。

エンジンオイルのあれこれ

  1. エンジンオイル交換時期
  2. エンジンオイルフィルタ交換時期
  3. エンジンオイルの機能
  4. エンジンオイルの種類
  5. エンジンオイル適正量の調べ方
  6. オイルパンガスケット

1、エンジンオイル交換時期

エンジンオイル交換はいつ交換しておりますか?

目安としては5000km毎に交換することをおすすめいたします

そこまで走行しない車でも最低2年ごと交換したほうがよいです

熱などでオイルも劣化いたしますので

2.エンジンオイルフィルタ交換時期

エンジンオイルはエンジン内部の汚れ(すす)などを落としオイルが汚れます

そのエンジンオイルの汚れを取り除くためにオイルフィルタがついております

フィルタの交換はオイル交換2回に1回 10000km毎に交換です

最悪フィルターが詰まってもオイルが流れる構造になっていますが

エンジン本体に大きなダメージとなります

3、エンジンオイルの機能

ちょっと専門な話ですが、エンジンオイルには3っの機能があります

潤滑、冷却、洗浄です。

オイルで動きをスムーズにし、エンジンで発生する熱を吸収し、

内部をきれいにしています

オイルが劣化しますと動きが悪くなり、故障につながります。

4、エンジンオイルの種類

今回は簡単な所から。

「0w20」「5w30」一般的に使われているオイルはこの二種類です。

こだわりの方は「0w30」などいろいろありますが

この数字の意味はご存じでしょうか?

初めの「0w」などは低温時 数字が低い方が柔らかくかかりやすい

後ろの「20」などは高温時 数字が高い方が熱に強い

普通は純正指定オイルをお使いいただいたほうが確実です

5.エンジンオイル適正量

今はインターネットで調べればすぐわかるかと思いますが

車購入時についてくる取扱説明書の一般的には後ろのページ

「メンテナンスデータ」に載っております、オイルの入れすぎにはご注意ください

オイルがあふれる・エンジンがかからないなどがあります

注入後はエンジン上部に刺さっているオイルゲージで確認してください

6、オイルパンガスケット

ドレンガスケット・ワッシャー・パッキンなどと呼ばれていますが

エンジンオイルを抜くときのボルトについている輪っか形の金属です

エンジンオイル交換時は交換してください、オイルが滴る可能性があります

薄く潰れる構造のものは必ず交換です。